●勉強会を開きませんか?

Img_65272449062f2a52898e6ec76be58be1
不況を迎えています。
(不況といっても時流であり、あまり不況、不況と煽りたく無いのですが・・・。この業界は、いつも何かあります。当然これからもあります。)
今年も終わろうとしている時、遊技業の先々を考える為の事柄が明確に成って来ました。
今、様々な条件を的確に判断処理して、最善を期す為の具体的なストーリが描けてないホール(又は会社)は、投げたボーリング球の様に、球のスピードが徐々に落ち、最後は止まってしまいます。
まず、経営、営業に携わる人たちの魅力、能力、バイタリティーそして、的を射た発想が必要です。
進化も退化も変化です。今のやり方では、今の結果しか生れない事を、社内や店舗の全ての数字が示します。
変化を起こす為には、アンテナを大きく広げ情報を収集して分析を行い、アクションを起こす事です。
あなたは、井の中の蛙になっていませんか?
あなたは、知っている、思っていると言いながら、アクションを起こしていますか?
市場価値の高いスタッフが育っていますか?
システム的な事、ハード的な事は、全て出尽くしました。残るは、「人間力」だけです。
経営、営業の全てはスタッフの力で決まります。
あなたの会社は、勉強会を実施している会社ですか?
(勉強会を行うと、スタッフの意識が変わり、スタッフの自己啓発も触発されます。
勉強会は、良い事ばかりです。1店舗だけの店舗でも実施を強くお勧めします。)

自己啓発関連の勉強会:社会人として、目標を持つ

実務関連の勉強会:会議について、イベントについて、接客について、釘調整について、スロット設定について

その他の勉強会:遊技雑誌人気コラムニストの話